カニ プリン体

カニとプリン体の関係は?

食品に含まれてるプリン体は、身体の中で蓄積されすぎてしまうと痛風になりやすいと言われています。
公益財団法人「痛風財団」の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」によると、
1日400mgまでが、プリン体を接種する目安とか。。。

 

カニ,プリン体 

 

プリン体が多く含まれている食品として、ビールなどのアルコール類やレバー、カツオやマグロ、魚卵、ホウレンソウやきのこ類があります。
痛風の方や尿酸値が高い方は、
意識して食べ過ぎ・飲み過ぎには注意したいですね。

 

カニのプリン体含量 

 

さて、冬になると恋しくなる味覚の代表として「カニ」がありますが、
カニに含まれているプリン体は、身よりもカニみそに多く含まれています。
タラバ蟹のプリン体は少ないなど、カニの種類によっても違いがあるので、
もし、プリン体を控えないといけない方は、種類を選んで少しずつ食べると、ストレスもたまらず身体にも優しくて◎

 

 

「痛風財団」が案内している食品100gあたりのプリン体の量

300mg以上   極めて多い

200〜300mg  多い

50〜100mg   少ない

50mg以下    極めて少ない

 

 

食品のプリン体の含量(mg/100g)はこちらを参照してください。(公益財団法人 痛風財団 HPより)

http://www.tufu.or.jp/pdf/purine_food.pdf

 

 

 

>>>トップページ